メンズエステ物語・体験談

メンズエステのハーレムプランで逆3P乳首責めで寸止め悶絶体験~前編~

更新日:

※この物語はフィクションです。

登場人物

俺⇒メンエス大好きな30歳男

あかり⇒俺の行きつけメンエスの推し。すこし華奢なのに胸は普通にあるかわいい系

しほ⇒俺の行きつけメンエスで初めて手コキしてくれた女の子。普通体型だがとにかくSな性格

男の永遠の夢「ハーレム」を金で買う俺

男なら一度は必ず憧れるものがある。それは複数の女に囲まれて快楽を楽しむハーレムだ。AVを見ているとハーレム〇〇というAVはたくさんあるが、実際にハーレムプレイを楽しめる男は世の中でも少数派になるだろう。

そんなハーレムプレイに長年憧れていたおれは、ある日思い立ってメンズエステの逆3Pプラン、つまりハーレムプランを予約した。
そう、俺は世の中の男が憧れるハーレムを金で買ったのだ。

メンズエステの聖地と言われる東京某所の行きつけのメンズエステで逆3Pプランがあることは知っていたが、なかなか予約し辛いし、女の子によっては断られることもあるとのことで、自分のイメージを崩したくないというプライドが邪魔して今までは避けてきた。

しかし、この日はなぜかどうしてもハーレムプレイを楽しみたくて勇気を出して前日予約をした。
※ハーレムプレイは女の子の手配をしなければならないので通常の個室マンション型メンズエステでは前日予約必須

二人の美人メンエス嬢がお出迎え

予約した行きつけの東京某所のメンズエステのマンションについた俺はいつもどおり電話確認をすませて、部屋の前についた。
この時点で俺の頭の中は(これから二人の美女にたくさん喘がされてたくさん乳首責めされるんだな・・・今日もしほちゃん抜いてくれるかな?)などのエロい妄想でいっぱいだった

ピンポーン・・・ガチャ

あかり・しほ「こんにちわ〜お待ちしてました〜」

俺「どうも〜」

いつもどおりが安定してかわいい二人の美女に出迎えられた

あかり「今日はどうしたんですか?ハーレムプランなんてwww」

俺「いや、なんとなく・・・」

しほ「まぁ男性の夢って言いますもんね〜」

俺「そうそう、そうゆうこと」

何気ない会話を済ませ、いつもの倍の金額を支払いすませた。

シャワー前の着替えを二人の美女メンエス嬢に見られる羞恥心

シャワーの前からいつもと違う流れがあった。いつもなら一度席をはずしてその間に着替えるのに、一向に別部屋に行こうとしない二人の美女。二人の美人エステティシャンの目の前で裸になれ!という羞恥心満載のシチュエーションだった。

俺「あれ?今ここで服ぬいでいいの?」

あかり「もちろんいいですよ。今さら何言ってるんですかwww」

まぁたしかにそのとおりだ。いつも四つん這いやカエル足姿でたくさん喘がされているのに今さら恥ずかしがらない。
美女二人の目の前で服を全部脱ぎ、さっとタオルで隠すものを隠してシャワーに向かった。

あまりの楽しみさにいつもより手早くシャワーを済ませ、美女二人によるハーレムメンズエステの施術がはじまった。

4つの手によるハーレムメンズエステは極上だった

4本の手による足からお尻へ優しくツメで撫でるようにゾクゾクする施術に俺はさっそく喘がされてしまった。

俺「ふぁわぁ〜〜〜やばい」

あかり「え〜?何が〜?」

しほ「こうしてほしかったんですよね〜?」

俺「う〜〜〜〜ん」

予想以上のゾクゾク感にうつ伏せ状態なのに俺はすでに完全勃起してしまった。

DUGAリンク⇒巨乳チクピストによる乳首性感いじり専門 「常にふたりで」乳首責めメンズエステ

FANZAリンク⇒巨乳チクピストによる乳首性感いじり専門 「常にふたりで」乳首責めメンズエステ

 

あかり「じゃあ四つん這いになってください♪」

四つん這いでの施術は常に乳首責めでキワキワ責め。四つん這い状態になった俺の頭のほうからあかりが頭をいれ、いきなりの乳首責めを始めた。後ろからはしほが股間をキワどく撫でるようにで愛撫でする。

俺「あ〜あ〜ヤバい〜これ・・・あぁ」

あかり「すっごい声wwwちゃんと腕支えないと私潰れちゃいますよ〜」

俺「うん・・・頑張る・・・」

逆3P乳首責め肘コキで射精かと思いきや!?

ヌルヌルのオイルまみれの両乳首をあかりにひたすら責められるだけでもヤバいのに、後ろからはしほが肘を激しく動かしてちんぽに肘コキをはじめた。

しほ「さぁこれイキますよ〜♪」

俺「いや・・・ちょっとそれは・・・」

登場人物紹介でしほが初めてメンエスで抜いてくれたと書いたが、正確には肘コキで俺が事故っただけだ・・・(※メンズエステで射精してしまうことを事故と言う)。しかし今もし射精してしまうとあかりの頭に精子をかけてしまうことになる。そんな心配をヨソにしほはさらに肘を激しく動かし肘コキを始めた。

俺「うわぁ〜〜!!ちょっとこれでちゃうやつ!!」

しほ「それは大変だ〜www」

あかり「ちょっと今だしたら私にかかっちゃいうからダメですよ〜!」

俺「ゔゔ〜〜〜ん"〜〜」

俺はうめき声のような声をだして全身の力を振り絞って射精を我慢した。四つん這い状態で両乳首を乳首責めされながらちんぽを激しく刺激されて我慢できる男がどれだけいるだろう?

俺「あ〜〜〜!!!もうダメ〜〜〜!イク〜〜〜!!!!」

しほ「ダメ!!!!!

そう言ってなんとしほはイク寸前の俺のチンポをギュッと強く握りしめ射精を無理やり止めた。寸止めだ・・・。しかりすこしだけ精子がもれたのがわかった・・・

俺「あっ、あっ、あっ・・・」

しほ「あっ、すこしだけもれちゃった❤」

あかり「危なかった〜もう俺さんダメですよ〜」

俺「だって・・・」

しほ「まだまだ前半なのにもうそんなになっちゃって大丈夫ですか〜?」

そう、120分プランのハーレムプランは始まってからまだ1時間も経ってないのだ・・・果たして120分後に俺はどうなってしまうのだろう・・・無事に120分のハーレム体験を終えることができるのであろうか?

ムラムラしたときは素人娘とエロトークで見せ合いしましょ💗





ライブチャットで抜かれる経験をしたことありますか?

そんなことあるわけ・・・そんなことを思っているあなたは一度新感覚ビデオチャットVI-VO(ビーボ)を試してみて💗

こちらから登録で初回最大3,000円分を無料体験できます♪登録はコチラ素人娘があなたの〇〇を求めて待機中💕





DXライブちょっとエッチな気分のときにでも暇つぶしにも使える素人ライブ配信を見ることができるサイト♪

初回登録で10分無料にプラスしてクーポンコード購入でさらに追加ポイント貰えます💖

2ショットで女の子と二人だけの時間でエッチなこともできる超おすすめサイト!

とりあえずDXライブ待機中の素人娘を覗いてみる

 

後半へ続く

 


-メンズエステ物語・体験談
-, , , , ,

Copyright © ムラムラするエロい話・体験談, All Rights Reserved.